ゆっきーの写真で綴る日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0487.jpg

iPhoneで撮影。アプリ"Morelomo"使用。


工事中の駅ビル地下の従業員用通路です。
朝は、スタッフ通用ドアからIDカードを通し、勤務先の売り場まで、この長い通路を通らないといけません。
景色も殺風景で、ただただ向こう側へと続く道。
最近、ようやく内装工事が進み、オシャレなお店の設えが見られるようになってきました。
しかし、気温はかなり蒸し暑く、ホコリっぽい通路です。
お店に辿り着くまで、とても長く感じます。

すれ違うのは、台車を引いた他店のスタッフさんや、関係者、ヘルメットとニッカポッカ姿の腕っ節強そうな男性達です。
この狭い通路で人に出会うと、それが顔見知りでは無くても、「お疲れ様です」と挨拶してすれ違うのが暗黙の了解のようになっています。
これはちょっと面倒くさいようだけど、実はそれほど嫌な事でもなかったりします。(私だけかもしれないけど)
ここを行き交う人達は、職種は違えども、この暑く狭苦しい、閉塞感いっぱいの、一方向にどこまでも続く、ウンザリするようなこの通路を、共に秋の完成まで辛抱しながら使用する、いわば”同志”のような感覚を、私は勝手に抱いているのです。

スポンサーサイト
2010081101_MG_2416.jpg

子どもたちが、毎年恒例の沖縄旅行に行っている間、私も仕事の休みをもらっていました。
特に予定は何も無し、どこかへ行こうと思えば行けたのでしょうけど、何もしない時間も欲しかったので、結局実家へ行ったり、ゆっくり銭湯に行ったり、時間を気にする事なく気ままに過ごしました。

普段、毎度の献立にあれこれ頭を悩ませていますが、自分一人だけとなると、見事に適当になります。
フルーツジュースと菓子パン、とか、カップメンとか、スイカとコーヒー、とか・・・
こんなんじゃ叱られちゃいますね。

そういえば、今年の夏は、有給休暇を1日もらえました。
パートで働いていて、こんなこと初めてです。
いいんでしょうか・・?
バチあたらないですかね(笑)

怠け癖がついちゃいそうで怖いですが、本当にノンビリできました。

今夜、子どもたちが旅行先から帰ってくるので、またいつもの態勢を整えないと。
私の夏休みはこれでお終いですが、子どもたちの方は、まだ後少し。
宿題やら夏期講習やらプールに追われて、新学期かな(笑)

毎日暑いですが、昨日鈴虫が鳴いているのが聴こえました。
たぶん、鈴虫も戸惑っているんじゃないかな、まだ暑いんだけど~って。

もうちょっと涼しくなったら、私もまた元気に動き回ろうと思います。



Twitterのフォロワーさんのブログで、iPhoneからブログへ投稿できるアプリが紹介されていたので、早速ダウンロードしてみました。
無料版も有りますが、有料版でないと、写真は投稿出来ないので、丁度期間限定でディスカウントになっていたこともあり有料版にしました。
レビューを見ると、写真の投稿にクレームがチラホラ。モノは試し。
うまく投稿出来ますように~

写真は実家で撮りました、冷やしキュウリ&トマトです(^_^;)

使ったアプリはコチラ↓
"BlogWriter"
(AppStoreへのリンクです。)
http://itunes.apple.com/jp/app/blogwriter/id286094270?mt=8


《追記》
概ね成功でしたが、
写真のサイズの選択肢が二つしかありませんでした。
800×600、640×480のみ。
また、本文中にリンクは貼れないみたいですね。
後からPCで加筆修正しました。
twitterと連動させて更新の通知が自動でツィートされる設定にしてありますが、アプリからだと通知はされませんでした。
しかしながら、以前、Safariから投稿もしましたが、投稿、編集のサクサク感は、こちらのアプリの方が上かもです。
写真無しの投稿、サイズにこだわらなければ、お勧めです。

2010080806_MG_2450.jpg

週末にゾロ目お散歩の方々と、埼玉の川越を歩いてきました。
コースは廃線となった西武線の線路をたどり、連ドラ「つばさ」のロケ地となった辺りです。
帰りは小江戸川越の街も見学。
連日の猛暑ということもあって、熱中症も心配していましたが、皆さん元気いっぱい。
途中、水分補給、アイスだとか、ガソリンだとか色々・・・暑さ対策しながら沢山歩いてきました。

写真、ちょっとずつアップします。
2010080701_MG_2408.jpg

仕事帰りの空。

明日はお散歩会に参加です。
熱射病に気をつけて行ってきます。
2010080305_DSCF1069.jpg

長男(中二)の夏休みの宿題で、一回の食事のテーマを決めて献立を考え、調理するというのがあるそうで、手助けしつつ一品しあげました。
全部は無理だったので、残りの献立の続きは夜の予定です。
手つきは、かなり危なっかしいものがありましたが、本人はとても楽しそうでした。
TOP

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。