ゆっきーの写真で綴る日記です。
seiseki03.jpg


昨日の聖蹟桜ヶ丘の続きです。



***

ここに来たかったのは、ジブリ映画の「耳をすませば」の舞台となったということで、前々から、行く機会を探していたのです。
この映画のストーリーに関しては、検索していただければ、沢山あると思いますので、割愛いたしますが、とても少女漫画チックなお話です。
私は心が純粋でなかったからでしょうか、映画のエンディングには、どこか腑に落ちないものを感じているのですが、背景となった街の描写が、ストーリーに相反してリアルに感じられ、一度は訪れてみたいと思っていました。

とはいうものの、予備知識はそれほど無いまま、とにかく聖蹟桜ヶ丘へと向かいました。
西口交番の近くに、案内マップがあったので、携帯でパシャ。
こういうのまで作ってあるのね・・・
お陰で道が良く分かって、かなり助かったくせに、何故か残念な気持ちになったのはどうしてかなあ。。。

seiseki10.jpg


大栗川を渡って、いろは坂を登り、映画の中で「地球屋」があったとされるロータリーを目指しました。
seiseki04.jpg


seiseki07.jpg


seiseki05.jpg


金刀比羅神社です。
ジブリ映画ファンらしき女子達や、映画に出てきそうな初々しいカップルも参拝していました。
seiseki06.jpg



そしてここが、目指すロータリー。。。
「地球屋」というのは実在しませんが、「ここかぁ~」という満足感はありました(笑)
seiseki08.jpg


と、ここまできて、何故かお腹の具合が悪くなり、ロータリーの一角にある洋菓子店で、トイレの場所を教えてもらう。
近くのコミュニティセンターのトイレはとても綺麗だったので安心しました♪
隣接する公園は、水場もあって、子供が喜びそうでした。
いつか子ども達も連れてきてあげよう。。

・・・で、さっきの洋菓子店、ファンの人達が記念に一言書き込む「耳すまノート」を設置しているお店でした。
もう10冊にもなっているようで。
私は、お土産に「耳すまクッキー」を買って帰りました。
なんだかんだ言って、私もミーハーです(^^;)

帰りは、来た道を戻るのもつまらないので、京王永山駅まで歩きました。
20分くらいでしょうか。
ゆっくり歩いたので、もっとかかったかも。
途中の乞田川からの眺め。
美しく整備している途中のようですが、風情がもう少し欲しいなと感じつつ、パシャ。
seiseki09.jpg


お散歩日記、つい長くなってしまいました。。。
日付も変わってしまったし、早く寝なくちゃ~(^^;)

「耳をすませば」は大好きな映画ですよ。
あの映画を中学か高校の頃に見て、
あんな恋に憧れました。
ネコ可愛いですね。
眠そうな感じがたまらないです。
聖蹟桜ヶ丘には行ったことがないので、
今度行ってみようと思います。
案内マップまであるのですね。
聖蹟桜ヶ丘って「耳をすませば」ファンには聖地なんですねぇ~。
うちの娘は大学の地域看護学という中で訪問看護の実習をしたのが、この聖蹟桜ヶ丘だったんですよ。
大きなお家に訪問看護の実習だったそうで、お金持ちが多いんだね、って驚いていました。

ちゃんと案内図もあって親切ですね。
是非行ってみたいです♡
こういう坂のある街って好きです。
(確かに看板ちょっと微妙ですね。。)

つい先日もやってましたね、みちゃいました。
雫がおじいちゃんの前で自己と葛藤し泣き出するシーンが好きで、何度も見てるのに毎回涙が・・・

あのending、ちょっと漫画と違うんですよね。
でも良し!?笑
余談原作者は高校の先輩です。


コンクリーロ~~ド♪
clover様

これから気持ちよい日が多くなってくると思いますので、お散歩にお勧めだと思います♪
普通の住宅街ではあるのですが、木陰も多く、ちょっと住んでみたいなと思いました。
ネコは、ロータリーから少し歩いたコミュニティーセンター近くで出会いました。
縁側が特等席のようでした
おぉ~まさにそこ!永山よ!!結構距離あるのに頑張って歩いたねぇ

ワタスもお散歩行きたくなったな当時の彼とまた歩きたくなった…へへへ‥
がーこ様

これまで私にとって聖蹟桜ヶ丘といえば、小学校時代の担任の先生が住んでいた所というイメージでした。
また学生の頃、まだアニメの舞台になる前は、多摩エリアで夜景が見られる隠れたデートスポットとして密かに人気だった様です。

しかし見回してみると、結構なお屋敷も多く、意外な印象でした。

ロータリー付近は路上駐車を取り締まる白バイが時折巡回していましたので、地元住民の方々も内心複雑な思いなのかもしれませんね。
でも、私もまた行ってみようと思います!
長男があの映画好きなのです
アヤーキー様

>雫がおじいちゃんの前で自己と葛藤し泣き出するシーン

私もあの場面はちょっとキマシタ。。。
エンディングは原作と違うのですね?
調べてみると、どうやら最後の台詞は、監督が決めたらしいとか・・
高校の先輩も内心複雑だったのではないかしら~?(笑)
コンクリーロ~~ド♪・・・ん?

つね吉様

結構距離あったかも~!!
でも気持ちいい日だったし、歩くの好きだから、大丈夫でしたe-287

あら、素敵な想い出が蘇らせてしまったかしらe-266
あの辺りは、青春の想い出に残りそうな雰囲気の場所ですねぇ・・・
映画の公開順序は覚えていないのですが、多摩地区がどんどん開発されていく「平成狸合戦ぽんぽこ」。そして、その開発された街での現代の切ない恋物語の「耳をすませば」
そんな順序で見ると、感慨深いものがあります。
聖跡桜ヶ丘は歩いたことがありませんでしたが、いい街ですね。
いろは坂を自転車に乗った女の子が髪をなびかせて駈けていたら素敵だな。
自分の高校時代は、肝心のそんなことが全然見えていなかったな。
キラキラ輝いているものを見ると、切ないなぁ。と、おぢさんは遠い目をするのであった。
ねぎま様

映画の舞台とされる地域を歩きながら、何故景色に魅かれたのだろうということを考えていました。
眺めの良さ、綺麗な街並、自然が多いということの他に、その場所にいた誰かの形跡や気配を感じ、自分の想い出や記憶に思いを馳せることが、楽しいのかもしれませんね。
制服の子達が自転車で颯爽と坂道を下って行くのを、何度か見かけました。
確かに・・キラキラして眩しかったです~e-420
おばさんもちょっと羨ましかったりしたのでした(笑)
ジブリネタに食いついてしまいましたe-465

モデルがあったとは知りませんでした。
こんなところ、楽しくお散歩してみたいです。
ぴかちう様

私も熱心なファンではないけれど、ジブリのアニメにいは惹き付けられてしまいます。
はっきりとした背景の設定があるから、より物語がリアルに感じられるんですかね~
普通の住宅街ではあるのですが、もともと高台が好きなので、この場所、一層好きになってしまいました♪e-361
「耳をすませば」~は、
テレビでもほとんど観たことがなくて・・・

でも、何を考えているのか分からないような
猫の写真は好きなんです~
猫らしい表情ですね♪
(k)~様

この猫タンは、ポカポカ日当りの良い縁側で、実に気持ち良さそうでした~♪
多分、無心だったのかもしれません・・・(笑)
休日のひなたぼっこ、(k)さんも一ついかがですか?
そういえば、この日、顔を少し日焼けしてしまいました。。。
春の紫外線は強い事を忘れて、油断してましたよ(^^;)

ご無沙汰ぁ~聖蹟桜ヶ丘、アタシの職場の方じゃありませんか車で10分だよ。

ジブリ作品は多摩地区多いよね。アタシも帰りに寄ってみたいけど、花粉が脅威
akko様

え、そんな近かったですか~!
聖蹟桜ヶ丘も、色んなお店が沢山あって、楽しそうでした。
花粉、ヒドイらしいですね~・・
私もさすがに今日はムズムズしてました。。。
いよいよかなぁ~( ̄ー ̄;






  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO