ゆっきーの写真で綴る日記です。
densya2.jpg


今日は5年生の読み聞かせの最終日。
ラストバッター、オオトリを務めてまいりました。
(ていうほど大げさなもんでもないんだけど)



***

今朝読んだのは、「小さい"つ"が消えた日」という本でした。
朝の短い読書時間に全て読むのは無理だったので、途中まで読み、続きを読みたい人の為に、教室に置いて帰りました。
出版社がアノ、新風舎なのですが・・・昨年この本が話題になり、買っておいたものでした。
大人にも子供にも読みやすく、もう少し時間があれば、読み聞かせにも向いていると思います。

その前日は、高学年クラスの保護者会でした。
仕事帰りに駆けつけ、何とかクラス懇談には間に合いました。
何となく普通の、いつも通りの流れで終わるのかなと思っていたのですが、今回は割と深刻な話題が上がり・・・
意外な事実を知って、少しショックだったりもしました。
子ども達も思春期に差し掛かってきて、物の考え方も複雑になってきた様子です。
親御さん達の中には、私を含めて、この年頃の子育てが初めての人もいれば、もうベテランの方もいて、受け取り方も様々。
でも、皆それぞれの立場で、子ども達を取り巻く環境を良くして行きたいという気持ちは同じの様で、連携さえしっかり取れていれば、大丈夫な気がしました。

「個」を大切にしながら、「孤」にならない関係作りを、子供達にさせようとする前に、まず大人達が率先して築いていくことの大切さを感じた一日でした。

今日の読み聞かせの時に、子ども達を見て、皆大きくなってきたなと、そして、もう読み聞かせなんか、つまらないのかなと思ったのですが、読み始めると、だんだんと静かに、集中して聞いていてくれました。
時間が来たので中断すると、まだ聞きたそうな雰囲気を感じました。
私も、正直もっと読み続けていたかった。
ちょっと心残りです。

6年生では読み聞かせの有志が集まりにくいかもしれないので、続行は難しそう。
子ども達の中には、やって欲しいという声もあるのですが、どうなるのかなぁ~~

うちの息子が小学校を卒業する時に、少し驚いたことがあります。
卒業に向けて悲喜こもごも、盛りあがっていくのですが、
そんな中でクラスの大半が「コクる」ことを考えていることです。
私たちの頃と違い、今やクラスの2/3以上は私立中学へ進学しますので
別れを惜しむ気持ちは強いのでしょうし、進路が決まり親子共に開放感に溢れている時でもあります。
そして実際に中学校へ進学して付き合っているカップルが何組もできます。
まぁ、たいがいは2~3か月で尻すぼみに終わってしまうようですし、問題になるようなことにはならないのですが…。
でも、なんとなくクラスの流行に流されて異性と付き合う。
まだ、本当に愛しているわけではないでしょう。それもまた、経験のひとつですが。
なんだかずいぶん早熟だなぁ。と思いつつ、まだまだしっかりと見守ってあげる必要がありそうです。一方でまだまだぬいぐるみを離せない、そんな幼さも残しているんですけれど。
なんだか「学年通信」の担任のコメントみたいになっちゃったな。
「個」を大切にしながら、「孤」にならない関係作りって
難しそう~
自分の場合、確実に孤立状態に近いと思っています。

ねぎま様

小学生でも、恋愛ゴッコは結構あるみたいですね。
先月のバレンタインデーは、男女共浮き足立っていたようです(笑)
5年生でも両思いという認識はあるみたいですが、
付き合うといっても、一緒にプリクラを撮ったり、メモの手紙をやりとりをする位で、まだまだ可愛いもんです。
あっという間に大人になってしまうのだろうけど・・・
いや、大人になってもらわないと困りますね(笑)
今日は男女8人で、家の前で長縄飛びをしてました。
成長するにつれ、色々な人間関係に悩むようになるのだと思いますが、子ども達が自ら解決する力を信じて、見守りたいです。。。
※私も学年通信みたいですね(笑)
(k)~様

昔から、男の人は家の外に出たら七人の敵がいる…なんて言いますよね~(^^;)
最近お疲れのご様子ですね。大丈夫ですか?
「孤」は、たまにあると気楽だけれど、不安な時には応えますね・・・
理想論なので、その実際は難しいです。
大人の世界でもなかなか巧く行かないものですし。
私も悩みながら、いつも体当たりですが、必要とされている時には、我が子に限らず、子供達の気持ちに寄り添ってあげられたらと思いました。
ものの考え方や受け止め方の違いでずいぶん方向が変わってくる時期に入ってしまった気がします。
だからこそ自分たちの芯はしっかり示していきたいと思ってますよ
それをこの先どう感じ取ってどう生かしてくれるのか…
怖いけど‥信じてあげたいね

読み聞かせお疲れさまでした週末に原稿作ってみま~す
孤独も個性も、ひとりひとりが自分を大切にしないと、
独善的になってしまうよね~
だから、他の個人を認め合う関係が理想的なのかも…

読み聞かせ、お疲れさまでした。
こどもたちは、きっと何かをつかんでくれたはずですよ(*^_^*)
読み聞かせお疲れ様でした。高校生でも、読み聞かせ喜ぶらしいから、次年度も続けられるといいですね。
私も今年は再び、読み聞かせのお仲間に入れてもらおうと思ってます。子供たちにも、本が「特別」なものであって欲しいから。
今の子供たちの心って、私たちが子供の頃とうんと変わっていて、耳をすまさないと、本当のところが聞こえてこなかったりするものね。個の尊重がいつの場合も最重要事項でなくても良い気がするときもあるんだ。
丁寧に関わることも、もちろん大切なんだけど、今の子たちって大切にされすぎてモロイ部分あるような気がして・・・。(随分乱暴な意見で申し訳ありません。)
許される範囲内でアバウトも良いかななんて思っちゃいます。
ハンドルと同じで、人間の心にも「あそび」は必要だなと。
それが許されないシチュエーション多いけどね。
つね吉様

そうそう、大人がブレてしまうのが一番やっかいだよね。
関わり方も人それぞれ、状況にもよるしねぇ・・・
でも、基本、子ども達が好きという気持ちがあれば、大丈夫な気がする~!とか思ってマス♪
つね様も一年間お疲れ様でした~!!^^


ずぅ様

自分を大切に・・大事ですね。。。
自分自身を受け止めることって、大人でもなかなか難しいかも。
自分の中にも、色々な自分がいたり、「この人はこういう人」って一面だけを見て思い込んでしまう事が、関係をこじらせていたり。
私も人の事言えないんですよね~(^^;)ゞ
なるみ様

読み聞かせ、復活ですね?
私も、どっちかというと自分の楽しみでやってるようなもんです(笑)
高学年はどうなるか分からないけど、下の子の方ではまだまだ続行したいです。

>今の子供たちの心って、私たちが子供の頃とうんと変わっていて、耳をすまさないと、本当のところが聞こえてこなかったりするものね。

そうだよね。あと、子供だけじゃなくて、大人も変わってきたのかも知れない。
もっと耳をすます必要を感じています。

個の尊重=過保護、過干渉と同義に受け取られたかも知れないけど、むしろ
、なるみが言ってるのと同じ意味で書いてました。
誤解があった様で、ごめんね。
余計な手出し、口出しをせず、ある程度自由に泳がせておくというか、失敗や痛い思いをしながら、自分たちで答えを導き出したり、強くなって行くものだから、それを見守るという意味だったのです。
私なんて、かなりアバウトなので、個の尊重の名の下に、実は放任なのかもしれません~~(^^;)


「個」の定義、わかりました~(^o^)丿
そうだよね。言われてもわからないことたくさんあるよね。
耳にタコくらい言われても、実際にやらかしちゃって初めて
「あ~っ、言われてたのは、このことか~。」ってわかるんだもんね。
放任賛成です。子供の力を信じたいです。
間違ったら、そのときに一緒に反省したり、改善したりすれば良いもの。
きっと放任できるだけ、ゆきちゃんたくさんのものをお子ちゃま方にあげて来てるんだもんね。
死ぬまで試行錯誤して、反省したり、後悔したり、ほくそえんだり・・・。考えるとわくわくするなぁ~。
なるみ様

え・・(^^;)
死ぬまではちょっとヤダ・・・(笑)
今日は残念でした!でもありがとう!
来週の火曜が卒園式なのでそれを過ぎたら、宜しくね!!
卒対にもどっぷり浸かってしまっており、毎日追い込み作業です。
清々しいほど忙しかった1年の終わりを迎えようとしている今。
嬉しいような、寂しいような。

そうそう、しってるかな。
T美先生が退職なされます。
てけてけ様

今日は急だったので、こちらこそすみません!
卒園間近で、とても忙しいと思いますが、全力投球の心地良さってありますよね(^^)
感慨深いものが、おありだと思います・・・!
T美先生の事、前PTA会長よりメールでお知らせ頂きました。
寂しいけれど、これも一つの選択ですよね。
近いので、ひょっこり会いに行こうかなぁ~






  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO