ゆっきーの写真で綴る日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
omati01.jpg


少子化による統廃合で、消えてしまった母校を、旧友と共に訪れました。
切らずに残してあった桜だけが満開。


***

小学校の正門にも桜が・・・
建物がすっかり消えていることに、しばし呆然。

omati02.jpg


ほーんとに何も無くなっちゃった。。。
omati03.jpg


こうして見ると、敷地は広かったような、狭かったような。
oamti04.jpg


二月に撮影しておいた、校舎解体時の一枚。
卒業生だと告げると、立ち入り禁止区域の中まで入る事を許可してもらえました。
omati05.jpg


建物もだいぶ老朽化していたので仕方が無いのですが、想い出のつまった校舎が消えて行くのはやはり寂しい。

今後は市民のためのコミュニティー施設に生まれ変わるとのことです。

この後は、通学路やクラスメイトのお宅ピンポンダッシュ…は思いとどまりましたが、色々懐かしい場所を見て回りました。

(次回に続く・・・)
そうかぁ・・・
母校が消えてしまったんだね。

でも、ゆっきーさんの中で
大切な思い出は、いつまでも、残っているからね(*^_^*)
v-278
何だか、切ないなぁ。。。

昔いた場所や建物が無いのを目の当たりにするのは虚しくなりしますね。

私の出身校といえば、
小学校は2002年に隣の小学校と統合され、校舎は隣の小学校になりました。
中学校は2005年に隣の中学と統合し、統合した中学がなんと小学校の跡地に新設されました。

話を聞いたのは最近で、聞いた時は笑っちゃいましたよ。
少子化とは言え、なんだかなぁ…
この歌が流行ったときに高校三年生でした。

私の出身、小・中・高とも校舎は移転して消滅しました。
もっとも、残っていれば文化財ものの、オンボロ校舎でしたから無理はありません。
組織としては残っているのですが、知らないところへ行く気も起きません。

それより、愚息の卒業した近所の区立小学校は20年ほどの命でした。
まだ新品同様の校舎も体育館も給食の厨房も消滅し、養護老人施設が建ちました。
転用する工夫って、役人には無いんでしょうね。
税金って、向こうの都合で、こうして費やされてゆくんですね。

体育館だけでももったいなかったな~!
桜だけが、ゆきちゃんを待っててくれたんだ。
桜の薄桃と背中の哀愁のコントラストが・・・。

切ない。
変化は避けられないものなのかも知れませんが
心の拠り所だったりしますよね。

数十年後

昔、日本と言う国があったんだよね・・・
なんて事になりませんように。
私は幼稚園の頃から今の町に住んでいるので、たまに近所を散歩してみます。
むかし遊んだ空き地は全滅、マンションになっている。
小学校は当時新校舎と呼ばれていた建物が健在。
中学校は全面改築されたので、母校の面影はなし。高校も男子校から共学になり
校舎も建て替えられたので、なんだかよその学校になってしまいました。
友人の家も表札を見ると大半が変わってしまっています。
まぁ、私自身が少年からこんな「おっさん」になってしまったのだから
しかたがありませんが…。
でも、心の中の思い出は変わらずに、今の風景と重ね合わせて私の目に写っています。
ぽつんと桜の木だけ……学校は多感な時期を一番長く過ごす場所なだけに思い入れ強いんよね。

形ある物はいつか壊れる‥ってよくいうけどやっぱ寂しい
わたしの通っていた小学校も ドーナツ化現象と少子化で統廃合されてしまいました。
でも、正門前の桜並木は 今年も満開です。
自分が通っていた小学校は建物が壊されました。
でも桜の木は残っています。
息子が通っていた小学校は・
建物はまだ残っていますが
細い桜の木が数本植えてあるだけで・・・寂しいです。
ずぅ様

そうですね、想い出はいつまでも消える事がないですよね!
変な想い出も実は色々あったけど、良かった事だけ覚えとこ~♪(笑)

せいな様

あったはずのものが無くなってしまうのは、やっぱり寂しいよね~
そこからまた、新しい何かが生まれてくるのかもしれないけど。
vivo様

お久しぶりです^^
何やら、あっちこっちに建て替え、効率が良いのか悪いのか分かりませんね。
古い建物に愛着はあっても、使い勝手は悪かったりするのだろうから、仕方が無いのかもしれませんけど。。
でも、また新しい場所に、新しい記憶や想い出が刻まれて行くのでしょうね。

GALLA様

20年とは、随分ですね~ 本当に勿体ない!
耐用年数に達してないような気もしますけど・・・
私の小学校も、元々近くの大きな小学校の分校みたいなものだったので、歴史は浅く、築年数は私の年齢と同じ位だったかも(^_^;)
体育館はもっと新しかったので、そのまま残して、避難施設などに利用される様です。
国土が狭い分、造る、壊すを短いスパンで繰り返さないと、建設業界も立ち行かないということなんですかねぇ~・・・
なるみ様

桜の木や、校庭の木々はとりあえずそのままでした。
あ~壊される前に、もう一度校舎の中に入っておきたかったな~
一緒に行った友人はここに何十年振りかで訪れたので、私よりショック大きかったかも~・・
白ヒゲ様

>日本という国がありました・・・
それ怖いです~~!!

でも、うかうかしていると、遠い未来にそうならないとも限りませんね・・・
壊す事は簡単だけど、失ったものを取り戻すのは、、、難しいんですよね~・・・・・
ねぎま様

私も今回、懐かしい場所を歩いてみて、変わったところと、変わらないところを見つけては、友人とワーキャー言ってました(笑)
知っている表札を見つけると、覗き込みたくなったり。。(覗きました)
でも、想い出が割としっかり残っていて、ちょっと子ども時代に戻ったような感じもしました。
ときどきこうやって引き出しを開けて思い出すのも良いものですね。
つね吉様

そうだよね~
そこでどう過ごしたかも、もちろん大事だけど、何かちょっとね・・・
ホコリっぽい下駄箱とか、給食室や教室のニオイとか。
子どもの学校で楽しもっかな。(←アブナイ)


take525+様

こうして、皆さんのコメントを見ると、結構多いみたいですね~、統廃合。
この世代がベビーブームだったことも大きいのかしら。。
そう考えると、多すぎるハコは、維持するのも大変そうですよね。
桜は、やっぱり残しておいてもらって正解ですね!
(k)~様

あら、(k)さんとこもですか?
小学校と言えば桜ですよね~やっぱり。
お子さんとこのは、これから大きく育っていくのかもしれないですね。
しかし、今年は結局、桜をあまり良く見ませんでした。。。
失ったものに気持ちが引っ張られ過ぎてたかも~
思い出がいっぱい詰まった学校が無くなってしまうのは寂しいですね。
でも、桜の木を切らずに残しておいてくれたのは粋な計らいだな。
学校は、娘を嫁に出した父のような気持ちで消えて行ったのかも知れません。
校舎が
もう十分立派に育ってくれたから、私の事は忘れて、後ろを振り返らず新しい人と前に進んで幸せ掴んで欲しい。
って言ってるのかもしれないよ。
他の方もおっしゃってるけど、心の中にずっとずっと行き続けて行くことでしょう。
みどリン様

ウゥッ…!父のような気持ちって。
何だか余計にグッときちゃいますよ~
そうね、私を育ててくれた場所や人は、会えなくなったとしても、心の中にずっと居続けるんですよね~^^





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。