ゆっきーの写真で綴る日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009032902.jpg

今日は、小学校時代の友人とウン十年ぶりかの再会の日でした。
駒場東大前でお昼頃に待ち合わせをして、東大構内のフレンチレストランでランチをいただきました。
本郷の東大は何度かお散歩や撮影で行った事がありましたが、駒場東大は多分初めて。
幼少の頃、両親と一緒に学祭には行った事があるらしいのですが、それがどっちだったのか・・全然覚えていません(笑)

フレンチといっても、学内施設なので、価格もリーズナブル。
メカジキのポワレとサラダ、パン、コーヒーで丁度1000円でした。
クラシカルな内装の落ち着いた店内ですが、どこかゆったりと寛げる、なかなか良いお店でした。

久しぶりにお会いする友人は、もうすっかり大人になっていて(当然ですが)、でも風貌は全然変わらず、もともとチャーミングな方でしたが、さらに落ち着いた知性美を醸し出していました

ネット上ではすでにやり取りしていたのですが、ご対面となると、ちょっと緊張~でしたが、昔の話や、近況、子どもの話などするうちに、そんなことはすっかり無くなりました。

***

楽しくお喋りをしながらランチを終え、二時からは彼女の提案で、学内でセミナーを傍聴。
テーマは・・・

「社会に役立つ素数のお話」

ええ、友人は某大学で数学の教鞭をとっていらっしゃるそうで・・・私も恐いもの見たさで、お付き合いさせていただきました!


2009032904.jpg


拝聴すること小一時間。
何となく、最初の方は分かりました。
とにかくインターネットなどを介した情報をやり取りするときの、暗号化するときに素数がカギになってるということなんでしょうか・・??
途中、数学界の偉人や著名人の写真などが画面に映し出されました。

RSA暗号を開発したとされる3人の写真が出てきて、「こ、これは、70年代のミュージシャン?」とか言える雰囲気ではなく、一人頭の中でボケツッコミ入れてました。

えっと、それでも分からないなりに、ポイントをかいつまんで説明すると、暗号化した情報を復号するのに必要な素数を割り出すのが結構大変らしく、それをいかに効率よく解読する方法を見つけ出すかという事をその専門の数学者の方達は競っておられるんだそうです。

一見、何だか余計面倒くさい事になっているかの作業ではありますが、この暗号化のお陰で、私達のネット上でのセキュリティーが守られているということなのだそうです。
(・・・で良かったですか?先生~汗)

でも、数式がズラズララ~~と出てくると、スミマセン、思考停止してました(笑)

興味深かったのは、講義の冒頭でお話のあった、「素数の歌」とそれに合わせたダンスまであるとのこと。
私はすごく興味あったのですが、講師の先生は踊って下さいませんでした。。。(あたりまえか)
ググったら歌詞がありましたので、以下にリンクを貼っておきます。

「素数の歌」
http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY200612110091.html




今日は風が冷たかったけれど、お天気も良く、日中は爽やかでした。

お友達を待っている間に、構内で虫を発見。
おお~さすが、こんなアカデミックな場所にふさわしい、なんとも珍しい虫~~♪


(☆以下、虫が苦手な方、閲覧注意☆)





2009032901.jpg

・・・?

と、何枚か撮ってるうちに、よく見たら見覚えのあるアイツだという事に気付く。。。
ドシェ~~ヤラレタ・・・
うーん・・恐るべし!東大マジック。。。( ̄▽ ̄;)…
ゴキちゃんまでが後光射してました~!!


ほほほ~、
そのまま気がつかなければ突っ込み入れようかと思ったのですが。
今度、おうちの中で見つけたときも、優しく撮って下さい。
ほぉおおお。アタシは仕事上ではこの場所にたまに縁があったりしますw ま、実際に行くことはないけどね。

このゴキブリは、羽根がないよね。去年豪州の動物園で見たゴキちゃんもこの羽根がないタイプだったなぁ。もっとも大きさが日本のそれらとはケタ違いv-190でしたが・・・

この階段の造りもいいですね~。
こういう古い講堂だとか、校舎は、新しいのにどんどんとって変わられていくけど、やっぱり出来るだけ残しておいてほしいですね。豪州では教会でも住宅でも駅でも、築100年などが普通にあって機能していましたから。
旦那は日本の建築は基本的に木造で、地震も多いから仕方ないと云うのですがね。
かつて吉祥寺の成蹊大学で仕事をしていた時も、
細部のディティールまでにもこだわりが感じられる美しい建物(もう本館だけ)は本当にそこにあるだけで時代の栄華までが伝わってきそうで素敵で、ドラマの撮影(花より男子なんか)にも多く使われてましたっけ。

ほほぅ~。大学の講義を受けるなんて機会めったにないやろから貴重な体験されてきましたなぁ。ちょいと羨ましかったりする
細かい数式が出てきた時点でワタスは違う世界へワープしちゃうだろうけど(笑)
昨日は、とても楽しかったです。どうもありがとう!
「素数の歌」の先生は、お話もとっても面白い先生で、世界的な数学者でありながら、学生にも大人気なんですよ。

その後、実家で、アルバムを見ていたら、小学6年生の運動会で、いっしょに組み体操してる写真が出てきました!
yukinyaa様

普通すぐに気がつくものですよね・・・?(^_^;)
外で見かけたもんだから、何だか新鮮で、マジマジと観察してしまいました(笑)
これが台所に居ようものなら、カメラより先にゴキジェット攻撃で「これでもか~!」となります。間違いなく!

akko様

そういえば羽無しゴキブリですね!
多分、羽が有ったらすぐに気付いたと思うのですが。。

akkoさんも学校関係でしたよね。
ここのところ学校と言えば小学校モードだったので、大学構内の落ち着いた雰囲気は、気持ちが引き締まるような、懐かしいような、ある意味とても贅沢な時の流れを感じました。

こちらの階段もヒビ割れなどが良い感じだったのですが、たぶん手すりの辺りなど、良く見るとあれこれ改修された感じでした。
地震が多く、湿気も多い日本では、古い建築物の維持が難しいんでしょうかね・・?
友人によると、この大学内には他にも古い寮などが数年前まではあったそうで、新しく建て替えをするときは反対されるかたも多かったと聞きました。
水回りの老朽化とか、耐震構造とか色々言われちゃうと建て替えを余儀なくされてしまうのでしょうけど、何だか惜しい気もしますよね。。。
本郷の方の東大は古い建物が現存しており、見応えもありますね。
これからの時代にあの時代の物と同じものを作ろうったって、難しいように思います。

つね吉様

ハイ、多分、こういう事でもないと、なかなか行かなかったと思います。
ましてや、数学のお話・・(^^;)
でも、元々数学は嫌いではなかったので、どんなお話か興味が無いわけではなかったの。
もう難解な数式のシャワーを浴びて、使ってなかった脳細胞が一個くらいは目を覚ましたかもしれない~!


SAKURA様

昨日は楽しかったです!こちらこそありがとう~♪♪
卒業アルバム、私も実家に置きっぱなしですが、6年生の時の写真とか・・・恥ずかしすぎです~!
一緒に組み体操してたんですね。。。
今度私も実家でじっくり見てみる事にします!
素数の歌と踊りを見られるのは、講義を受けた学生さん達の特権のようですね。
じつはyoutubeで検索してみましたが、それらしいものにはヒットしませんでした。。。
いつか子ども達が素因数分解をやりだしたら、傍らで踊ってみようと画策中~ムフフ♪
ゴキちゃんよりも、リンク先にあったゼータ関数とか、なんとか関数の説明の方でクラクラしました(笑)。
ゼータ関数、なんだっけー(汗)
ベジーターとかスーパーサイヤ人とかだったらわかるんだけど(漫画じゃん!)。
同じ散歩でも、徹夜明けに中野でフィギュア見ながら徘徊散歩の僕と、大学の講義を聴く散歩のゆっきーさん。
質が違いますね(笑)
みどリン様

ホホホ・・・私の頭の中もすっかりゼータしてましたわよ♪(謎)

もうクラクラでしたから~~

中野のフィギュア巡りも素敵なお散歩じゃなくて・・?





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。