ゆっきーの写真で綴る日記です。
先週、4年生の読み聞かせをしてきました。
前日まで何も準備していなかったので、夜になって大慌て…。
悩んだ結果、こんなの読みました。
hon2.jpg


かさもっておむかえ
征矢清作 /長新太絵



hon1.jpg


きょだいな きょだいな
長谷川摂子作 /降矢なな絵



***
実はこれ、次男の幼稚園時代に園で購入した「こどものともシリーズ」なんです。
幼稚園向きの絵本を4年生には幼稚すぎるかなとも思いましたが、朝の時間制限があることや、絵も見せたいということで、思い切ってコレに。
しかし、実際に読んでみると、とっても反応が良かったんです。

「かさもっておむかえ」は女の子がお父さんの傘を届けに一人でお迎えにいくという、シンプルな話なのですが、お父さんに会えるまでの不安な気持ちから、やっと会えた時のホッと安心した気持ちへの変化がとても印象的で、私も思いっきり入り込んで読んでしまいました。あと、個人的に長新太さんの絵が好きです。
子供達も真剣なまなざして聞いていました。

次に読んだ「きょだいなきょだいな」は、これまた単純な言葉の繰り返しの中に、ユーモアが盛り込まれていて、男の子にも女の子にも大ウケでした!
うちの子ども達も大好きな本の一つです。

大人でもずっと絵本が好きであるように、4年生だからといって4年生向きの本にこだわらなくてもいいんだな~と思った朝でした。
読み聞かせ、お疲れ様でした。
二冊とも知らない本だったので
今度探して読んでみます!

絵本はいくつになっても楽しめますよね。
私も大人になってから
絵本をたくさん読むようになりました。
小学校高学年~中学生位の子にこそ、
絵本をたくさん読んでもらいたいなぁなんて思ってます。
Yukikoさんもがんばってますね~(*^ー゚)v ♪
私は6年生にも絵本を読んでますよ。教訓めいたものも、たまにはいいですが、ただ単純に楽しい、面白い、ナンセンスな内容の絵本の方が読み聞かせには断然いいですね。

他のお母さん方の選本、とても興味深く、参考になります。
またupしてくださいね!
ことりさん
絵本は奥が深いですよね~
私も読みながら、入り込んでしまって声が詰まる事もしばしば…

こどもたちには沢山本を読んで欲しいです。

といってる私も、次は何を読もうかな~
ピンクのmoguraさん

担任の先生に、朝の読み聞かせで集中した雰囲気が、そのまま授業時間にも続くと言われました。
聞く姿勢、もっと聞きたいっていう気持ちが高まるのも読み聞かせの良さですね。

今後も何か面白いもの探してみます。





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO