ゆっきーの写真で綴る日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100408-IMG_0412.jpg

今日は次男の中学入学式でした。
先月の長男の卒業式と同じ体育館での入学式、新中1はとても可愛らしく、初々しい制服姿で今日の日を迎えました。
式後半、次男の卒業した小学校の元六年担任の先生方からの祝電が読み上げられました。
その中に、卒業の時にも生徒達に贈って下さった言葉が盛り込まれていました。
『無駄な事は何一つ無い』『どうせやるなら楽しくやろう』
初めての中学校生活に期待と不安で一杯の子供たちの背中を、心強く押して下さる言葉です。
卒入学式の時だけではなく、普段から皆にかけて下さった言葉で、子供たちはちゃんと受け取っていたようです。
同じ小学校卒業生から選ばれた、一年生代表の誓いの言葉には、先生方のその言葉がそっくり盛り込まれていました。
同時に私にとっても、この言葉はこれから先の人生にとって、大切な教えとして心に刻み込まれました。

『無駄な事は何一つ無い』

 …と言って下さっていた先生が、四月から他の学校へと赴任されました。
小学校の教職員の中では一際明るく存在感のある先生で(声も大きかったけれど)、長男次男共々大変お世話になった先生でした。
あの先生がおられなくなった今、小学校ではポッカリ穴が空いた様になってはいやしないだろうかと、少し心配でもあります。

卒業後の祝賀会(飲み会)では、「お母さん達の労をねぎらって」と心のこもった熱い一本締めをコールして下さり、何やかやと長かった小学校の締めくくりに「ごくろうさん」と肩を叩いて頂けた思いがしています。
こちらこそ本当にお世話になり、言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。
新しい職場でもきっと、持ち前の明るさと包容力で、新たな世界を切り開かれる事と思います。

…などとまるで私信のようになりましたが(笑)

先生の教えを、ちゃんと子供たちは受け止めていましたよ〜、というご報告でした。





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。