ゆっきーの写真で綴る日記です。
やっと久々の更新です。
一ヶ月以上経っちゃいましたかね・・
色々あったのですが、一番大きかった出来事は、6年間我が家で一緒だったウサギのポコが一生を終えた事でした。
各方面のSNSでは、既にお知らせしておりましたが、遅ればせながらこちらにも。
こっちのがメインのはずなんですが・・・スミマセン。

20120621-_MG_4141.jpg
20120621-_MG_4106.jpg
20120621-_MG_4104.jpg
20120621-_MG_4097.jpg
20120621-_MG_4089.jpg
20120621-_MG_4077.jpg
20120621-_MG_4151.jpg
20120621-_MG_4145.jpg
20120621-_MG_4142.jpg

最後にお部屋で遊ばせた時の写真です。
この時に、初めてポコの異変に気付きました。
一見何でもない様で、よく見ていると、歩き方がもたついていたり、血尿が出ていたので、翌日病院へ。
数日間、注射と通院で様子をみましたが、最終的に手術に踏み切りました。
手術自体は無事終わりましたが術後の経過が思わしくなく、お空へ見送る事となりました。

最後に面会に行ったときには、相当弱っている感じで、意識もあまり無さそうだったのですが、私や子供たちの声が聞こえたみたいで、目を開き、顔ををあげてこちらに向いてくれました。
その数時間後、容態が急変し、そのまま息を引き取りました。

お別れの後、しばらくの間、なかなか悲しみをぬぐい去ることができずにいましたが、
また同時に、私も子ども達も、この事から色々な事を気付かされたり、考えさせられた経験でもありました。

世の中には、実際もっと壮絶で悲しい別れが沢山存在していることは承知の上ですが、それでも私たちが出会った、この小さくも親愛なる者と過ごした時間や、存在の大きさは、動物だからとか、寿命の長さという尺度では決して量ることの出来ないものであると感じています。

生まれ変わりがあるかどうかも分かりませんが、もしかしたら、次は私がウサギで、ポコが人間だったりするかも知れません。

6年間、私たちの所にいてくれて、ありがとう。





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO