ゆっきーの写真で綴る日記です。
今日は、午前中家の事をやり、そこそこに切り上げて、会期残りわずかの展示をハシゴしました。
外はとても暑かったけれど、バタバタしながらも、こうして好きな事に時間を充てられることに感謝。

一件目は四谷のルーニィ・247フォトグラフィーでの「かたちあるもの」展
お友達の小池さんが参加されています。
エントリーされた方々の作品がぐるりと並ぶ中に、ご本人の手焼きモノクロ三点が輝いていました。
残念ながらご本人にはお会いできず(><)
11日(日)までですのでお急ぎを。
http://www.roonee.com/schedule/

二件目は銀座ニコンサロン
原芳市氏の個展「常世の虫」
7/31 (水) ~8/13 (火)
10:30~18:30(最終日は15:00まで)
休館:8月10日(土)・11日(日)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/08_ginza.htm#01
お世話になった写真教室のHPで告知を見つけ、会期あとわずかとあり、足を伸ばしました。
ご本人が在廊されており、不躾にお話をお伺いさせていただきました。
手焼きモノクロプリント、日常の中の虫たちと私たち人の有り様をどこか重ね合わせているような眼差しを感じました。
私も虫や生き物を撮る事が多く、素直に共感。
こちらも会期あと数日。土日が休館ですのでお気をつけください。
また8/19から、新宿のPlaceMでも別の個展をされる予定だそうです。

あわよくば、国立新美術館も立ち寄りたかったけれど、そこはガマン。

帰り道、ずっと計画道路の一区画にはみ出していた古家が解体中になっていました。

20130809-DSCF1069.jpg

そうだ、もう寝なくては。
おやすみなさいませ。





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO